愛知県議会議員 神谷まさひろ

東陽町ホンネの日記

2019年9月16日(月)
今日は敬老の日。刈谷市内23地区では昨日までに敬老会が終了しているので、今日はどの地区も行われません。少しバラけて今日開催するところがあれば、もう少しいくつかの地区に訪問することが出来たのに残念です(涙)トヨタ系企業の出勤と関係があるのでしょうか・・・

その代わり今日は事務所で、後援会女性部の皆様と今後の事業についての打合せをしました。

神谷まさひろ後援会女性部では11月に『秋の収穫祭』というタイトルで、井ケ谷の加藤農園さんにおいて柿狩りとバーベキューを考えています。詳細が決まり次第このHPでもご案内をさせて頂きます。
2019年9月15日(日)
今朝もミササガパークでのラジオ体操から一日のスタートです。

昨日体操終了後に参加者の一部で記念写真を撮りました。ラジオ体操はこの2~3倍の人数が参加して、毎朝6時半よりNHKの放送に合わせて行われています。どなたでも自由に参加できます。HPをご覧の皆さんも如何ですか。

今日は刈谷市内10地区において敬老会が開催されました。時間的に重なってしまうため全ての地区を訪問することが出来ませんが、ご招待を頂いた地区にはお祝いに訪問しました。

高津波地区→野田地区→高須地区→東刈谷地区の4地区です。この内、東刈谷地区以外は式典から出席することが出来ました。東刈谷地区は演芸会の途中でお邪魔することになったのですが、挨拶の機会を頂き、その後のKariyarsさんの演奏も楽しむことが出来ました。

その後、一ツ木市民館において蜂須賀議員が主催して行われている立川小談志師匠の落語会に出席しました。落語家立川談志の弟子である小談志さんは、蜂須賀議員の大学の後輩で、そうしたご縁からこの一ツ木での落語会は6年目を迎えています。この間、平成27年には真打ちに昇進されました。

「幸せだから笑うのではなく  笑うから幸せになる」会場は終始笑いに包まれていました。

そしてその後は、総合文化センター大ホールで行われた『モーツァルト200合唱団 第28回演奏会 刈谷国際音楽コンクール受賞者記念演奏会』に出かけました。科学的・医学的な裏付けはないのかも知れませんが、良い音楽を聴くと身体の調子が良くなり健康になるように思います。

ラジオ体操で身体を動かし、敬老会でお年寄りと語り、落語会で笑い、コンサートで音楽に触れ・・・心にも身体にも良い一日でした。
2019年9月14日(土)
池田町にある刈谷大和保育園の運動会に来賓として出席しました。昨年4月に開園したこの保育園は、今回が第1回の運動会です。また、園の敷地の中に園庭がないため近くの公園を借りての運動会です。「近く」とはいえ各種道具を手で運ぶことは出来ないため、たぶん車で運んだと思いますが、そういったことも含めて先生方は本当に大変だと思います。

定員90名に対して5歳児が在園していないため現在は65名。「最年長は4歳児ですが、『自分達が最年長』の自覚からか、(他園の)5歳児と変わらない責任感がある」といった主旨の挨拶を理事長先生が仰っておられましたが、間違いなく立場や環境が子ども成長させるのだと思います。

 「力いっぱいがんばるぞ! パワー全開 だいわっこ!!」頑張れ・・

昨日に続き蜂須賀議員の奥様の葬儀に参列した後、小高原小学校体育館で行われているユニホッケーの練習で1時間半ほどですが汗を流しました。10分間の練習試合に出場しただけでバテバテ、日頃の運動不足を感じます。

県会議員の選挙前に星野議員に紹介して頂いたこのスポーツ。他の予定との中で、今後どの位参加できるかは判りませんが、「継続は力」出来る限りやり続けたいと思います。

2019年9月13日(金)
朝、いつものようにミササガパークでのラジオ体操に参加した後、県庁へ。いくつかの課の方と各種の打合せを行いました。

刈谷市議会議員の頃は、担当課との質問・要望・打合せなどは、こちらから担当課のフロアに出向いていましたが、県議会の場合はこちらから出かけるのではなくて、職員の方がわざわざ議会の控え室まで来て下さいます。そのことが未だに馴染めません・・・

夜は、蜂須賀議員の奥様の通夜に弔問しました。今年の1月頃、奥様の容態がとても大変な時期だったようです。その1月と言えばちょうど私の県議会議員選挙の準備が始まった頃で、議員の皆様にも何度も集まって頂いたり、後援会の皆様への紹介やチラシ配りなどをして頂いていた頃です。

奥様が大変な時期であるにも拘らず蜂須賀議員はそうした辛さを一切表に出さずに、私の選挙準備をしっかり応援して下さいました。蜂須賀議員の喪主としての挨拶を聞きながら、改めて感謝の思いで一杯になりました。

私の後援会と蜂須賀議員の後援会と合同で何度も開催した2泊3日の旅行での奥様の笑顔が思い出されます。享年69歳、早すぎる旅立ちです。心からご冥福をお祈り致します。
2019年9月12日(木)
現在、午後4時半。福祉医療委員会の県外調査から帰って、3日間を振り返りながらキーボードを叩いています。視察内容を要約しますと・・・

①東京都子供家庭総合センター(東京都新宿区)
 
東京都児童相談センター、東京都教育相談センター及び警視庁新宿少年センターという3つの相談機関が連携し、それぞれの専門性を活かしながら、児童虐待、不登校、非行など、様々な問題を抱える子供と家庭を支援する東京都子供家庭総合センターにおける教育・警察機関と連携した児童虐待防止の取組について、施設見学を交えて説明を受けました。

②富士通ネットコミュニティ(東京都千代田区)
  
社会のイノベーションによって実現する、豊かで活力のある将来社会の姿をデモンストレーションで紹介するとともに、その実現のために必要な社会のしくみの変革や新たなICTの利活用について提案する富士通ネットコミュニティにおいて、保育所AI入所選考など、福祉・医療分野における富士通の取組について説明を受けました。

③独立行政法人都市再生機構豊四季台団地(千葉県柏市)

独立行政法人都市再生機構が、地域の関係者の方々と連携・協力しながら豊かな屋外空間を備え、多くの方々が住む団地を地域の資源として活用し、多様な世代が生き生きと暮らし続けられるまちづくりの実現を目指す地域医療福祉拠点化の代表的な事例である豊四季台団地の取組について(株)学研ココファンが運営するサービス付き高齢者向け住宅の現地調査も交えて説明を受けました。

④国立研究開発法人国立がん研究センター(東京都中央区)

がんの本態解明と早期発見・予防や高度先駆的医療の開発、また、標準医療の確立と普及など、我が国のがん治療・研究を牽引する国立がん研究センターにおいて、遺伝子を解析し、最適ながん治療を行うがんゲノム医療や、がん治療中の患者が安心して過ごすためのサポートについての取組について説明を受けました。

2019年9月10日(火)
今、朝9時半。今日から3日間、愛知県議会福祉医療委員会の県外調査に出かけます。調査場所は・・・

①東京都子供家庭総合センター
②富士通ネットコミュニティ
③独立行政法人都市再生機構豊四季台団地
④国立研究開発法人 国立がん研究センター

の4ヶ所です。台風15号の影響がどの程度残っているか心配ですが、県議会議員としての始めての県外調査、しっかりと勉強して来ます。
2019年9月9日(月)
この度30年ぶりに新造した港務船[ちた]に乗船して、衣浦港の海上からの視察を行いました。昭和32年に重要港湾に指定され衣浦港は5市3町に跨り水域面積は約40.2haに及びます。今日の視察には関係する市町の県会議員が参加しました。

主な取扱い貨物としては・・・

[輸入]は合計約1375万tで ①石炭 ②木材チップ ③とうもろこし の順
[輸出]は合計約61万tで ①金属くず ②廃棄物(石炭灰) ③鋼材 の順となっています。

半田市の衣浦港務所前をスタートして北は衣浦大橋まで、南は衣浦ポートアイランドまでの間を時計回りで、途中陸上にある企業・工場の説明や、現在の衣浦港の取組みと将来計画の説明を受けながら進んで行きました。

写真は、衣浦大橋の左折レーン新設工事を海上から見たところです。
2019年9月8日(日)
ミササガパークでのラジオ体操に始まり午前中は何箇所も訪問しました。

先ずは、刈谷球場で開催された『少年野球刈谷ブルドック結成40周年記念大会』の開会式に出席しました。市内外から29チームの参加により、今日から毎週日曜日3週間に亘りトーナメント戦で行われます。

少年野球→中学→高校→大学とずっと野球を続けておられた上田議員が、少年野球時代に監督に言われた「苦しくなってからが練習」という言葉を、議会の発言などでよく紹介しておられましたが、それだけ子どもの頃のこうした経験はその後の人生において良い経験として残っている証であると思います。

今回の大会を通じて、子ども達が心も身体も健全に成長されて行くことを願っています。

その後は、敬老会を廻らせて頂きました。刈谷西部地区→一ツ木地区→小山地区→一里山地区→桜地区の5箇所です。ありがたいことに、そのいずれにおいても挨拶をする機会を頂きましたので、皆様方のご長寿をお祝いし、これからも益々ご壮健でおられることをお祈りさせて頂きました。

前回東京オリンピックが開催された1964年には百歳以上の方は全国で約200名、それが今は約7万人とのことですから「人生100年時代」は言葉の上だけではなくて、本当にそのようになろうとしています。人生100年時代を如何に元気で健康に生きるか・・行政としての責任も大きいと思います。

2019年9月7日(土)
日本商工会議所青年部第32回東海ブロック大会の式典・記念講演会に出席しました。

商工会議所青年部はそれぞれの地域を支えている青年経済人の集まりで、全国には約34000名の会員がいます。今日はその中から愛知・岐阜・三重3県の青年部メンバー約1700名が集っての東海ブロックの刈谷大会なのです。

私も在籍可能年齢である50歳まで在籍していたのですが、既に市議会議員であったため忙しくてそれほどアクティブな活動が出来ず、こうした大きな大会に行ったことがなくて、この雰囲気は初めて味わいました。

少子化・高齢化により、働く人も買ってくれる人も減少して行き、ビジネスを取り巻く環境が激変して行く中、自らの企業そして地域の難しい舵取りを迫られている時代です。そうした時代を牽引し発展させていくのはいつの時代も若者の情熱です。

「この国の未来を創るのは、俺たちだ」そのような気概を応援すると共に、青年部のOBの一人として私自身も持ち続けていたいと思います。
2019年9月6日(金)
議会運営委員会や団長会議、定例会に提出される議案の説明などのために、無所属の議員6名を対象とした[連絡会]というものが適時開催されます。今日は9月定例県議会の予定議案説明などのための[連絡会]が開催されました。

説明された補正予算の中から数項目紹介しますと・・・

1.交通安全施設整備費 約1億1240万円
   ・信号のLED化 568本
   ・道路標識    448本
   ・道路標示    49Km

尚、愛知県における信号機のLED化率は資料のように56.1%です。

2.愛知県国際展示場において官民連携による祭事を開催 約1億5492万円 
  
  「Aichi Sky Expo利用促進補助金を活用する祭事」
■愛知県社会福祉大会 2019年10月30日
■The Collection(海外スーパーカーの展示会) 2019年11月9日~10日
■愛知・知多半島マーケット2020 2020年1月25日~26日
■HAPPY MAMA FESTA  2020年2月28日~31日
■第5回あいち・じもと農林漁業成長応援「食」と「農」の大商談会 2020年3月5日
■鉄道フェスタ in 「Aichi Sky Expo」 2020年3月20日~21日
■ロボカップジャパンオープン2020あいち 2020年3月20日~22日

3.介護事業所のICT機器の導入を支援 5220万円

○補助対象 県内に所在する介護事業所 174事業所
○基準額 1事業所あたり60万円
○補助率 1/2
2019年9月5日(木)
福祉医療委員会の県内調査に参加しました。午前9時45分、議事堂正面玄関を出発してバスで2つの施設に向かいました。

一箇所目は稲沢市にある(株)明治愛知工場です。工場の概要をお聞きすると共にHACCPに基づく品質管理について説明を受けた後、施設見学をしました。

このHACCPについては、2020年の東京オリンピックを目標に全ての食品事業者にHACCPによる衛生管理が義務付けられるようなのです。

消費者にとっては良いことだと思いますし、大規模な事業者にとっては十分対応が可能であったり、既にそれだけの対応をしているところもあるかもしれませんが、果たして小規模な事業所が対応できるのかどうか・・・若干懸念をしています。

そして二箇所目は春日井市にある(株)メディカルプロダクツのイノベーションセンター[ミライ]です。カテーテルを始めとした医療機器の研究開発において平成29年12月に世耕経産大臣より[地域未来牽引企業]としての認定を受けた企業です。企業理念や事業概要の説明を受けた後、こちらも施設見学をさせて頂きました。

今から4年前の6月、私の弟が心筋梗塞で倒れ、深夜刈谷豊田総合病院に救急で運ばれました。その時に当直の医師の適切な処置と、今日見せて頂いた「カテーテル」によって一命を取り留めることが出来ました。

正にこの会社の理念「一人でも多くの命を救いたい・・・」の通り、救って頂いたのだと思っています。「このカテーテルで弟の命が救われたのだ」今日はそのような感謝の思いで、会長・社長様のお話を聞き施設を見させて頂きました。
2019年9月4日(水)
刈谷市議会は今日から9月定例会。市役所を訪問したら1階ロビーに置かれたテレビでは、今回の選挙で初当選した深谷英貴議員の一般質問の様子が写されていました。初当選ながら立派なものです。

愛知県議会の場合、102名の議員の内一般質問を行うのは一議会中僅か14名ほどですから、私たち無所属の一期生にはその機会はほとんどないと言っても過言ではありません。しかし・・・幸い、委員会の中に一般質問の機会があります。時間制限・回数制限一切ナシです。

今日はその準備のため、先日書き上げた原稿に更に磨きを掛けていました。「皆様の声を県政の場に届けます」の実践です!
2019年9月3日(火)
建設委員会の県内調査に地元議員の一人として同席しました。会場は知立市商工会館、調査内容は知立建設事務所関係の事業と衣浦港務所管内の事業についてです。

それぞれの所長から概要説明があった後、碧海5市の市長さん(代理も含む)からそれぞれの市の要望事項を説明して行きました。刈谷市からは近藤副市長さんが出席され、[主要な幹線道路網の整備について]と[二級河川等の改修の促進について]の2項目を提案されました。具体的には・・・

①主要な幹線道路網の整備について
  ・名古屋岡崎線の早期整備
  ・宮上知立線バイパスの早期整備
  ・小垣江安城線の早期整備

②二級河川等の改修の促進について
  ・境川・逢妻川改修事業(河道拡幅・逢妻川洪水調節地)
  ・前川水系の治水安全度の向上(前川水門・前川左岸樋門)

これらの事業の推進に向けて私も協力して行きたいと思います。
2019年9月2日(月)
朝6時30分、ミササガパークで行われているラジオ体操に参加することから一日のスタートです。県議会議員選挙の前に、有志の方々によって毎日行われていることを知って参加するようになってから既に半年、特段の予定のない限りほぼ毎日参加しています。

魚市場に行かなくてもよくなった分、2時間半余計に寝ていられますが、それでもこのラジオ体操のおかげで早起きをして、健康的な一日のスタートを切ることが出来ています。

今日は特に大きな行事・予定は入っていなかったのですが、事務所での来客対応・国の合同庁舎や市役所に出かけたり・市民の方からの要望事項の現場確認と、あれこれと忙しい毎日でした。

よく「県議会議員なって忙しいですか?」との質問を受けることがありますが、「充実した忙しさです」と答えています。忙しいことが嬉しい毎日です!
2019年9月1日(日)
今日から9月。朝5時、重原市民館で行われました(一社)実践倫理宏正会の朝起き会から今月はスタートしました。

その後、井ヶ谷にある特別養護老人ホーム・ケアハウスの『ヴェルバレー』さんの敬老会に来賓として出席させて頂きました。

県議会議員選挙の前に、入所しておられるNさんの紹介により、入所しておられる多くの方に後援会に入会して頂きました。そのお礼の意味だけでなく、今こうして平和で豊かな国があるのも、皆さま方がご苦労をされてきたおかげですから、その感謝の意味も兼ねて挨拶をさせて頂きました。

その後は、港町にあるオーネスト杜若にお邪魔をしました。先ほどと同じように特別養護老人ホームのある施設ですが、こちらは敬老会ではなく夏祭りです。

祭りのサブタイトルに「笑顔の贈り物」とありましたので「笑顔や喜びは伝染する」といった主旨の挨拶をさせて頂きました。施設職員の皆様のご努力により、入所されている方々がお元気で笑顔溢れる日々となりますことをご祈念申し上げます。

その後、刈谷市総合文化センター大ホールで行われている刈谷文化協会主催による『芸能発表会』にお邪魔をしました。

昨日の身体障害者福祉協会芸能発表会での私のギター演奏を引き合いに出して、「皆さんこれだけの大きな舞台で、緊張する様子もなく演じていられるのは日頃お稽古をしっかりやっておられる証であると思います。

元気で健康だから趣味やお稽古を楽しくやることが出来るのですが、逆に言えば、趣味を楽しんでいるからこそ、いつまでも元気で健康でいられるのだと思います。」このような主旨で挨拶をさせて頂きました。
2019年8月31日(土)
午前中、刈谷市身体障害者福祉協会主催の『第33回 演芸大会』に出かけました。但し、今日は「来賓」としての出席ではなく、皆さんと一緒に「出演」です(笑)

私がギターを演奏して会場の皆様全員で「上を向いて歩こう」を歌いました。そしてその後、(おきまりの(笑))アンコールで、一人弾き語りで「神田川」を歌いました。「神田川」は流石に緊張して指が震えましたが、「上を向いて歩こう」は皆さんが大きな声で合唱して下さったおかげで、緊張するどころかゆとりを持って楽しく演奏することが出来ました。障がい者も健常者も共にこうして一緒に趣味を楽しむ・・・素晴らしいことです。

午後からは、小高原小学校で行われている『ひかりの家バザー』に出かけました。会場に入ると直ぐに実行委員長の神谷さんに声を掛けて頂きました。その他、鈴木小枝さん、横山先輩、大南さん、河村さん、榎島さん、中村さん・・・・この会場に来ると多くの知り合いに会うことが出来ます。そしてお会いするスタッフの皆さんがとても活き活きしておられてます。

また、次の福祉医療委員会において参考となる福祉現場の生の声を聞くことも出来ました。「福祉とボランティアのパイオニア」=「ひかりの家」さんが毎年行っているこのバザー、沢山の方の善意に支えられたバザーです。

私は毎年、品物を[購入]するだけに過ぎませんが、事前の準備から暑い中での当日の運営などをされる多くの関係者の方々に心から敬意を表します。
2019年8月30日(金)
セントレアの前に開業した愛知国際展示場(Aichi Sky Expo)の開業式典に出席しました。この施設の誇れる特徴は・・・

①展示面積約6万㎡(国内4位の広さ)
②国際空港直結(日本初)
③常設保税展示場(海外からの展示品に関税が掛かりません)
④コンセッション方式による民間運営
⑤最新技術の音響・WiFi環境

立派な施設は出来ました。が、大切なのは「使ってもらうこと」です。上記のような特徴を武器に、東京一辺倒である展示会やコンサートをぜひ愛知に誘致して、経済効果を高めたいと思います。

夕方からは、安城学園高校の元校長坂田先生が主催する『おいしいものを食べる会』に出席しました。先月、台風の影響で中止となってしまいましたので、デンパークの「花車」において久しぶりの開催です。

この地域で活動、活躍する様々な方々との出会いや交流、懇談や情報交換の場です。それぞれの分野で「挑戦」する皆様の姿に刺激を受けて来ました。明日に向けての元気を頂きました。
2019年8月26日(月)
刈谷市議会は今日が9月定例会一般質問の通告締め切り日でしたので、質問順序表に目を通してみました。

先の県議会議員選挙で私を応援して下さった議員は全員(当たり前のように)一般質問をされます。そして新人議員さんも深谷英貴議員・城内志津議員・谷口睦生議員・牛田清博議員の4名の方が初挑戦されます。任期のスタートは確か7月28日ですから、当選してまだ1ヶ月、果敢にチャレンジする姿勢は本当に立派だと思います。

「私も負けてはおられません」・・・愛知県議会9月定例会での委員会一般質問の原稿を書き上げました。選挙での約束「あなたの声を県政の場に届けます」の実践です!
2019年8月25日(日)
『第6回 刈谷国際音楽コンクール』の授賞式に来賓として登壇して、その後の受賞者記念コンクールを会場から聞いていました。

刈谷市で行われる各種イベント・行事の中で唯一「国際」の冠が付くイベントです。その名前の通り、台湾や香港といった海外、国内も東京から九州まで幅広くエントリーがあったそうです。

フルート部門・弦楽器部門・ピアノ部門、小学校1年生から一般部門まで、物凄く高いレベル。 将来が楽しみです! こうしたイベントを通して音楽協会の目標である「音楽の薫まちづくり」が進むことを願っています。

その後、野田八幡宮において行われてた刈谷市の無形民族文化財『野田雨乞傘踊り』に来賓として出席しました。

雨乞いの奉納が307年前に始まったとの記録が残っていますが、昭和17年を最後に中断、昭和54年に見事に復活して現在に続いています。そして今年も30名以上の子ども達が参加し、夏休みに一生懸命練習した成果を披露していました。

歴史や文化はこうして次の世代に継承されて行くのですね。
2019年8月24日(土)
湿度が低く爽やかな朝です。午前6時半、ミササガパークで行われたラジオ体操に参加した後、桜市民館からスタートする桜区健康ウォーキングに参加。帰宅してからは空いた時間を使って庭の芝刈りを行いました。爽やかな気候でも汗ぐっしょりです。

午後からは友人に進められて、産業振興センターで自主上映された[二宮金次郎]の映画を鑑賞しました。村の復興に命を賭けたその生き様や教えは、私たち政治に携わる者こそが見ておかなければいけない映画だと思いました。魂を揺さぶる感動の作品です。

その後、くすのき園・しげはら園の園庭で行われた[ふれあいの里夏祭り]に出かけました。今年で37回目となるこのお祭り、例年はお盆の前に行っているのですが、今年は暑さを配慮して2週間ほど遅く開催したとのこと。そのおかげもあって比較的過ごしやすい気候の中、施設利用者やそのご家族など大勢の方で賑わっていました。

そして今日の最後は、刈谷西部地区の盆踊りへの参加です。挨拶をさせて頂いた後、約2時間全部で19曲、全ての曲をしっかり踊り切りました。これでこの夏、刈谷市内23地区で開催された盆踊りは全て終了です。時間の関係でどうしても2つの地区には訪問出来なかったのですが、残る21地区は全て訪問して一緒に踊ることが出来ました。

このように今日は心も身体も健康的な充実した一日でした。
2019年8月23日(金)
時に激しい降り方を伴った、雨模様の一日でした。こんな日は「晴耕雨読」。と言っても「読書」ではなく、事務所で事務作業をしていました。

愛知県議会9月定例会福祉医療委員会での一般質問の原稿書きをしていました。内容としては・・・

①重度障害者施策の現状と課題について
②保健所と食品衛生協会との関連及び現状と課題について

たたき台の段階ですから、今後自らの目と耳で現状をしっかり把握しながら、内容を詰めて行きたいと思います。

2019年8月22日(木)
事務所で仕事をしているとインターホンが鳴りました。「お客様かな?」と出てみると、郵便配達の女性が「郵便物が厚過ぎてポストに入らなかったので・・」と言って手渡しをしてくれたのです。刈谷市議会9月定例会の議案書等の分厚い資料が送られて来たのです。

どうやら県会議員にもこうしてきちんと届けて下さるらしく、早速目を通してみました。

市民の皆様からの陳情では、例年通りの「義務教育費国庫負担制度の拡充や私学助成の拡充を求める」関係の4件のほか、「給付型奨学金の設置を求める」陳情・「高校生世代の医療費(入院)の無料化を求める」陳情など、採択・不採択どのような結論になるのか興味深いものもあります。

その他、教育長さんが交代する議案や、市役所の立体駐車場を新たに建設するための設計委託の議案、10月から始まる幼児教育・保育の無償化に関連した議案など、こうして資料が頂けることで市の情報をいち早く掴むことが出来てとても助かります。

今後も市当局や市議会議員の皆さんと連携して愛知県・刈谷市の発展に尽力する所存です。
2019年8月21日(水)
永田町の砂防会館別館で行われた新任議員研修会に出席しました。全国都道府県議会議長会主催によるもので、春の統一地方選で初当選した都道府県議員が全国から集まっています。

3名の講師によるそれぞれのテーマでの講演会です。テーマは・・・

①二元代表制論を超えて
②日本の地方財政と近年の地方税制改革
③議会の仕組みと運営

市議会議員の時に経験したこともありましたが、初めて知ったことや、これまでの認識が間違っていたことに気付くことがあるなど、しっかり勉強することが出来ました。今日の成果を今後の議員活動に生かして行きたいと思います!

▲TOP